カルテを電子化するとどんなメリットがあるか

医療業界において、カルテは患者のあらゆる情報を異職種のスタッフで共有できる情報源です。以前は紙カルテで、保存期間を設けるなどして管理されていました。現在では電子化され、電子カルテとして広く利用されています。このカルテの変更にあたり、医療機関などは、電子カルテの扱い方についての研修を繰り返し行っています。カルテへの入力はスタッフ一人一人が行う必要があるため、電子カルテの基本的な取り扱い方法を知っておくことは必須です。訴訟や裁判の証拠にもなるため、電子カルテの管理には、外部への個人情報の流出に気をつけながら取り扱いましょう。医師や事務職などスタッフのパスワードの管理も個人で責任を持って管理する必要があります。便利になった分、紙カルテからは想像ができないほど、情報管理には注意が必要です。

患者にとっても重要な電子カルテのメリット

電子カルテ導入以前は、カルテはカルテとして、レントゲン写真などは写真でそれぞれ別々の場所に管理している場合が多く、インフォームドコンセントの時は、必要な物品を揃えて説明する必要がありました。しかし、電子カルテはカルテと共に、レントゲン写真や内視鏡検査などの画像を保存することができます。患者と共に画像を見ながら医師が説明できます。特に内視鏡の画像は見やすく、患者にとって理解しやすい説明を行えるようになりました。医師や看護師にとって、パソコンで患者の情報を開示すればよいだけで、説明時の準備物品を揃えるなどの煩雑さを減らすことができます。電子カルテは故意に改ざんしない限り、半永久的に保存することができます。用紙が古くなってボロボロになってしまったということも起こりません。

支払いなども便利なカルテの電子化

電子カルテになると、カルテの記録だけが便利になる訳ではありません。それに伴い、治療費の支払いも窓口の対人の支払いだけでなく、機械でもできるようになりました。次回の予約や処方箋も印刷されて出力されるので、受診忘れや病院へ受診日の確認の電話をかけることなどが少なくなります。病院内だけではなく、介護や退院後の生活をする上での手続きなども、患者の氏名やID番号などから検索ができて、すぐに入院や通院の記録を把握することができます。2001年に厚生労働省が保健医療分野の情報化へむけたグランドデザインと策定し、普及してきた電子カルテですが、全てのカルテが電子化されたわけではありません。便利になり、たくさんのメリットがある電子カルテの利用は、今後も拡大していくことでしょう。