電子カルテを導入するために知っておきたいこと

医療の現場でさまざまな情報を共有することは、業務効率化や文書管理を行う場合において重要な働きを持つ要素のひとつです。その中で、手書きカルテ使用から電子カルテへの移行はとても重要な意味を持っています。というのも、今日の医療は複雑化しておりさまざまな治療技術が発達していることで医師だけでなく異なる分野のスペシャリストたちがチームとなって治療を行うチーム医療が浸透し始めているからです。そのようなチーム医療では、それぞれが常に患者の現状を把握していなければチームとして動くことができません。そのためチーム内の情報共有は非常に重要で、緊急事態でもすぐに対応できるために患者の状態を把握している必要があります。その中でも患者の状態や治療の状況が書かれてあるカルテの共有が1番重要となってきます。

手書きカルテから電子カルテに移行

今までは手書きカルテでしたがそれでは医師にしかわからない専門用語が書かれており、ほかのメンバーが理解するには難しい内容でした。さらにカルテは1カ所でしか閲覧できないため、別の誰かが閲覧しているとその人以外は閲覧できなくなってしまう状況が起こっており、大幅な時間のロスになります。その問題を解決するために導入されたのが、電子カルテです。電子カルテなら手書きで読みづらい文章が解消され、辞書登録を用いれば専門用語を誰もがわかるような言葉に簡単に変換させることができますし、パソコンやタブレット端末があればいつでもどこでも閲覧できるので、チームで治療するには効率がよくすぐに治療に対応できるのです。しかし、メリットばかりのように見える電子カルテですが、いくつかのデメリットもあります。

電子カルテのデメリットとその対応策

いくつかあるデメリットですが、まず1つ目は、これまでの手書きのカルテに慣れている医師にとっては、情報入力に手間取り、かえって時間のロスを生んでしまう可能性があるというところです。それについては、説明会を開いたり実際に使ってみる使い方講座を開いたりすることで対策ができます。次に、災害時のトラブルです。電子カルテはパソコンで全てのデータを管理するため、災害やシステム障害が発生した場合、カルテを閲覧できなくなる問題もあります。そのため、予め災害時のマニュアルを作成したり、ベンダーへ相談するなど災害が起こっても問題ないように打ち合わせをすることで対策することができます。カルテを電子化することはこれからの医療の発展のためには必要なことです。先述したデメリットについても、対策を取ることができますし、カルテの電子化を積極的に考えてみましょう。