電子カルテを導入する病院が増えている

病院にとってカルテはとても重要な情報源です。患者さんの個人情報をはじめ既往歴やどのような薬を処方しているかなど細かい情報がたくさん載っています。今までは手書きで全て行ない、紙媒体でカルテは保管されていました。しかし髪のカルテは紛失の心配や誰かに持ち出されるといったトラブルになる可能性が高く安心とは言えない保管状態です。また年数が増えれば当然カルテの量も多くなり、保管場所に困る病院が増えてきます。特に大きい病院になればなるほどその問題は深刻化されます。そういった悩みを解決するべく、さまざまな病院で採用され始めているのが電子化されたカルテです。カルテを電子化にすることで、紙媒体で保管することが無くなりデータ化してパソコンに保管することができるようになりました。それ以外にもさまざまなメリットがあります。

紙媒体から電子のカルテにするメリット

保管場所がクラウド上になったことで、紙媒体で残さなくてよくなったカルテですが電子化するメリットは他にもあります。例えば診療科目がたくさんある総合病院の場合、今までは受診する科が変わるたびに病状の説明や飲んでいる薬や治療中の内容について伝達が必要でした。電子化されたカルテはパソコンで患者さんの情報、診察券番号などを打ち込めばそういった内容がどの科でも閲覧できるようになります。これにより伝達ミスや処方されている薬が分からないといったことが無くなり医者、患者さんどちらもがスムーズに診察を受けられるようになりました。総合病院は特に科が多いうえに受診する患者さんも数多くカルテの数も膨大になってくるので、この電子化されたカルテは多くのメリットを打ち出してくれているわけです。

カルテを電子化する前にはさまざまな準備が必要です

たくさんのメリットがあるのが電子化されたカルテですが、初めて導入する場合にはさまざまな準備が必要となってきます。当然、システム上の準備は当たり前のようにありますが、それ以外に必要なのが人です。カルテが電子化されたからと言ってすべてのことを勝手に保存してくれるわけではありません。医師がカルテに記入してそれを看護師や薬剤師、検査技師などが確認して治療を開始していくわけです。すべてのスタッフがこの電子化されたカルテについて理解し使えるようにしておかなければなりません。特に長く勤めている年配の医師や看護師の場合、システムを覚えることが一苦労という方も多くいらっしゃいます。カルテを電子化するということが決まったら、まずやるべきは教育を徹底するということです。最初にこれをしっかりやるかどうかでその後の展開がスムーズにいくかが決まってくるほど重要なことと言えます。