トップページ > キッチンのリフォームについて > キッチンリフォームにかかるおおよその日数と短くするコツ

キッチンリフォームにかかるおおよその日数と短くするコツ

テレビや雑誌等で見た憧れのキッチンにしたい、床やシンク等が古くなってきて見た目にも良くない等様々な理由でキッチンリフォームを行おうと考えている人もいるのではないでしょうか。
ただ、キッチンリフォームはハウスリフォームの中でも比較的大きな工事になる場合も多く、リフォームが完了するまでに何日程度かかってしまうのかという事が気になる人もいるかと思います。
一言でキッチンリフォームといっても、キッチンを入れ替えるだけの比較的単純な内容から、キッチンの向きを移動したり床や壁の張替えを同時に行ったりという複雑な工事まで様々です。
一番工期が短いとされるキッチンの交換のみのリフォームでも早い業者で約2日、長い所では約1週間程度かかる所もありますので、ある程度の期間を見ておいた方が良いでしょう。


次に、キッチンの交換と同時にリビングと対面話す事が出来る方向に交換したい等、キッチンの位置自体を変更する場合のリフォームの期間です。
このケースだとキッチンの交換と同時に電気系統や水道等の水回り、ガスを利用している住宅であれば配管の変更等も伴うため、早くとも2週間程度、リフォーム業者以外の都合等により1ヶ月程度かかる場合もあるようです。
特に配管作業を伴う場合は時間がかかる傾向にあります。
その他、キッチンの交換と同時に油汚れなどが目立つ壁紙や床の張替えを伴うリフォームというのも多いケースになります。
この場合は電気系統や配管の工事は先述の場合よりも少ないものの、壁の面積などによって5日~10日くらいかかる事になります。
さらにこれ以外にもイレギュラーな工事内容があるとさらに時間がかかる事もあるのでその点も確認しましょう。


ある程度時間がかかるものとは理解したものの、少しでもリフォーム期間を短くしたいという場合はリフォーム前の準備が大事になります。
まずはキッチンリフォーム業者との打ち合わせを入念に行い、実際のリフォームに入ってからここはどうするか等といった確認等を少なくするような努力が大事です。
リフォームが始まったら後は業者にそのままお任せ出来るような打ち合わせを行う事が理想です。
キッチン周りの清掃・整理整頓等も非常に重要になってきます。
キッチン周りだけの清掃や整理だけにとどめず、キッチンを移動する際の通り道の整理をしておく事等も大事です。
さらに、リフォーム当日には配管工事を伴う事がほとんどで、トイレ等の水が利用出来なくなる可能性が高いです。
お風呂の水をためておく、その水を運搬しやすい所に配置しておくという事も工期短縮につながります。

次の記事へ